0


×申し訳ありません!!
※注:”CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!”となっていますが、ページによって動画の画像自体がなくなっている場合もあります

お望みの動画の画像でないものは、アドセンス広告やアマゾンの商品広告の画像です



宝酒造の、松竹梅ってどんな感じ?

alt here...
CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!

1歩:Q,宝酒造の、松竹梅ってどんな感じ?

最高級酒みたいです。昭和7年には他の清酒の何倍もする5円で売られていたらしいです。昭和7年に2リットル5円で松竹梅は売られたみたいです。並みの清酒で1.8Lが1円30銭、灘の上物でも2円50銭だったらしいです。5円という値段でも、松竹梅は売れに売れたみたいです

2歩:Q,随分古い話みたいだけど、松竹梅ってどのくらい前からあるの?

大正みたいです。大正9年らしいです。大正9年に『清酒之精華松竹梅』と名付けられて売られたみたいです。濃醇酒というお酒で、盃に盛り上がるほど、トロリとしていたみたいです。喉越しと、爽やかな酔いらしいです

3歩:Q,松竹梅って、1種類だっけ?

樽みたいです。樽詰めがあるみたいです。その他桶状の、祝樽もあるらしいです。さらに純金箔入りの超特撰松竹梅というのもあるみたいです
紙パック入りや、竹の形をしてキャップがぐい呑みとして使える、ペットボトルもあるらしいです

宝酒造 松竹梅ページ



宝酒造 松竹梅ページ

松竹梅「ともに祝おう」篇(15秒)

落ち着いた和室に、めでたい装飾が所々飾られています。そこに紋付袴姿の、3人の男性。盃を持っているのは渡哲也さん。そこに松竹梅を注いでいるのが舘ひろしさん。そして神田正輝さんです。庭では若手が餅つきをしています。台所でもはりきって茹で上がったエビを、運んでいます。みんなで盃で乾杯っ

おまたせしました。この画像をクリックで動画ページへ!(CM動画×1)
alt here...
※スムーズなページの読み込みを考えて、サイトを分けています。ご理解を

このサイトのTOPページへ icon-external-link

0