0


×申し訳ありません!!
※注:”CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!”となっていますが、ページによって動画の画像自体がなくなっている場合もあります

お望みの動画の画像でないものは、アドセンス広告やアマゾンの商品広告の画像です

ネスカフェ 香味焙煎ってどんなの?

alt here...
CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!

スポンサーリンク



1歩:Q,ネスカフェ 香味焙煎ってどんなの?

共創みたいです。日本料理界の巨匠つきぢ田村の主人、田村隆さんと共創したみたいです。2015年10月1日に発売され、ネスカフェ レギュラー ソリュブルコーヒーの最高傑作らしいです

2歩:Q,どういう所が、最高傑作なの?

旬みたいです。産地よりも豆そのものの、旬にこだわっているらしいです。収穫を最盛期のみに厳しく限定しているみたいです。色鮮やかな手摘み完熟豆らしいです。それが厳選豆みたいです
旬の食材を自身の目で選ぶ信念を、田村隆さんは持ってるらしいです。そこが、共創のポイントみたいです

3歩:Q,こだわりは豆だけなの?

じっくりみたいです。じっくり時間をかけて、焙煎しているらしいです。さらに挽き豆包み製法みたいです。挽き豆包み製法は、コーヒーの大敵である酸化を抑えるみたいです。それまでの抽出液を固めたインスタントコーヒーと違い、コーヒー豆を微粉砕して抽出液で固めてるらしいです。1杯ずつ淹れたての香りが楽しめるみたいです
香味焙煎は、抽出液も厳選豆で作られてるらしいです

「ネスカフェ 香味焙煎」ブランドサイトページ

スポンサーリンク



「ネスカフェ 香味焙煎 深み丸み篇」

使い込まれたまな板の上に、白と赤みのかたまりが置かれます。白い筋が入っている所を見ると、魚のようです。見事な手さばきで、そのかたまりが切り分けられていきます。眼鏡をかけ、白い調理服を着た男性。田村隆さんです。場面は変わり、みどり眩しい畑。そこに赤い実がなっています。コーヒーのようです。手でつまれた豆がっ

おまたせしました。この画像をクリックで動画ページへ!(CM動画×3)
alt here...
※スムーズなページの読み込みを考えて、サイトを分けています。ご理解を

このサイトのTOPページへ icon-external-link

「ネスカフェ 香味焙煎 究み篇」

ふわりとした、薄いたくさんの物が、木の入れ物の中に。それを持ち上げる手。どうやらかつお削り節。それを両手いっぱいに持ち上げ、鍋の中に入れていきます。だし汁を取り、それを味見する人は、田村隆さんです。香味焙煎極みのパッケージ。みどりの葉と赤い実。炎と茶褐色の豆。注がれるコーヒー。小さなコーヒーカップから湯気が立ちこめます。うなずく田村隆さん。墨を蓄えた筆を走らせ、文字が生まれていきます。自然な暗がりが出来る、凛とした空気の和室。そこで書かれた「究み」という文字が、香味焙煎 究みのパッケージにっ!箱に入れられ、風呂敷に包まれ畳の上に置かれます。風呂敷が解かれ、もう一度香味焙煎がっ

開発秘話 「つきぢ田村」三代目 田村隆氏との共創 - 「ネスカフェ 香味焙煎」

田村隆さんの深い言葉の1つ1つと、香味焙煎のコンセプトと説明を丁寧にっ。五味調和っ!

0