味の加久の屋の、いちご煮ってなに?

alt here...
CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!

スポンサーリンク



1歩:Q,味の加久の屋の、いちご煮ってなに?

ウニみたいです。ウニとアワビのお吸い物らしいです。古くから青森八戸地方の漁村で食べられている、ウニやアワビを煮込んだ浜料理みたいです。大正時代に、料亭などに広まりお吸い物として食べられるようになったらしいです

2歩:Q,なんでいちご煮っていうの?

野いちごらしいです。朝靄の中に霞む野いちごようだからみたいです。乳白色の汁に沈む、オレンジのウニが朝靄の中に霞む野いちごのように見えたコトから、名付けられたらしいです。八戸市鮫町の旅館の主人、石田多吉さんが大正時代に名付けたようです。ちなみにそれまでの煮込み料理を、お吸い物にしたのも、石田多吉さんらしいです

3歩:Q,どうすれば食べられるの?

缶詰みたいです。缶詰でネットで売られているので、誰でも食べられるらしいです。ウニやアワビの吸い物という、大変贅沢な材料を使っているため、値段は少々はるみたいですが誰でも買えるみたいです
いちご煮.comページからどうぞ

Amazonからも、よろしければどうぞ

スポンサーリンク



いちご煮「海の恵みのスープ編」

灰色に霞む風景。ぼんやり人影のようなものが見えます。誰でしょう?次第にはっきりと見えてきました。青い染物のマフラーと、染物の服を着た白髪の男性の後ろ姿です。深く皺を刻んだその横顔、田中泯さんです。じっと海を見つめます。手には木で作ったお椀。潮風に吹かれながら、じっと海を見つめます。お椀の中にはいちご煮っ

CMソング:畠山美由紀(ギター:小池龍平、ピアノ:村上ゆき)


※このCMソングが収録されているかは分かりません。申し訳ありません

おまたせしました。この画像をクリックで動画ページへ!(CM動画×2)
alt here...
※スムーズなページの読み込みを考えて、サイトを分けています。ご理解を

このサイトのTOPページへ icon-external-link