0


×申し訳ありません!!
※注:”CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!”となっていますが、ページによって動画の画像自体がなくなっている場合もあります

お望みの動画の画像でないものは、アドセンス広告やアマゾンの商品広告の画像です

 
 

パナソニックの、寒冷地エアコンって何が違うの?

 

alt here...
CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!
 
 
 
 

 
 

スポンサーリンク




 
 

 
 

1歩:Q,パナソニックの、寒冷地エアコンって何が違うの?

足元みたいです。暖かくなるほど、上に上がってしまう温風を抑え込んで、足元に届けるみたいです。寒冷地用に、新たに上下のフラップを大きくしたみたいです。ビッグフラップって言うらしいです。もちろん一般のエアコンより、暖房能力は強化されてるみたいです

 
2歩:Q,他には何かあるの?
霜取りみたいです。寒い地域で外に置いてある室外機には、当然霜が付いてしまうみたいです。霜が付くと、暖房性能が落ちてしまうらしいです。霜取りの為に、捨てていたコンプレッサーの熱を、利用しているみたいです。さらに霜取り用に、ヒーターをつけて霜取りをアシストしているらしいです。この霜取りシステムを、ハイブリッドエネチャージシステムって云うみたいです

 
3歩:Q,他には何かある?
10℃みたいです。10℃キープするみたいです。就寝や外出時にエアコンを止めると、また温めるのにとんでもなくエネルギーを使ってしまうみたいです。程よく暖かさをキープする10℃キープ暖房という機能を、新たにつけたみたいです。16℃までしかなかったのを、10℃キープ出来るようにしたらしいです

 

 
 

 
 

スポンサーリンク




 
 

 
 

寒冷地エアコンの挑戦 60秒CM~5年以上に及ぶプロジェクトの現場に西島秀俊が迫る~

 
雪深い北海道陸別町に立つ、西島秀俊さんです。寒そうです。駅のようです。一般のご家庭で、聞き役になる西島秀俊さん。外の室外機っ!その様子を確認して、何かを思う西島秀俊さん。一般のご家庭での聞き役も続いてっ!お客さんの笑顔っ!そして寒いながらも、あたたかな笑顔を見せる西島秀俊さんっ!

 
 

 
 
おまたせしました。この画像をクリックで動画ページへ!(CM動画×1)
alt here...
※スムーズなページの読み込みを考えて、サイトを分けています。ご理解を

 

 

 
 

このサイトのTOPページへ icon-external-link

0