CM

ピンクのワンピースで歩くっ!政井マヤCM動画をキャッチ。 ちふれ 肌には知る権利がある

 
 

ちふれの化粧品って、どんな感じだっけ?

 

CM動画へは、ページ下の画像をクリック!!
 
 
 
 

 
 

スポンサーリンク




 
 

1歩:Q,ちふれの化粧品って、どんな感じだっけ?

適正価格みたいです。誰もが手に入れやすい、適正価格みたいです。1959年、当時のお金で100円で化粧品を売ったのが始まりみたいです。欧米で1ドルで売られていたところから、100円で売り出す運びになったみたいです。現在でも他メーカーよりも手に入りやすい、適正価格で売られているみたいです

 

2歩:Q,安いと、品質的にどうなの?

徹底みたいです。徹底した品質管理らしいです。製造工程の改善や、内部監査の実施をしているみたいです。100円化粧品の段階から、高額化粧品と品質に差がないように、作られているみたいです。ちふれはクレンジングや美容液、日焼け止めなどのスキンケア全般と、化粧下地やファンデーション、マスカラ、リップ、アイライナーなどのメーキャップ全般を製造販売している企業みたいです

 

3歩:Q,ちふれの特徴って、どんな感じ?

先駆けみたいです。業界に先駆けて、いろんなコトをしているみたいです。たとえば省資源のために、1974年に詰め替え用化粧品を、販売開始したみたいです。1978年には化粧品の成分内容と分量を全商品で表示、1981年にノンフロンヘアスプレー販売、2011年サトウキビを原料とした、植物由来のプラスチック容器の採用を開始したみたいです。他社に先駆けて、先進的な取り組みをしている意識の高めの会社らしいです

 
 

 
 

スポンサーリンク




 
 

「知る権利篇」30秒-ちふれ公式チャンネル

 

浮かび上がる一枚のポスター。CMとしてはめずらしい切り口です。上半分を見出しとして、下半分がその説明に当てられている構成です。見出し部分に書かれている言葉”肌には、知る権利がある。”力強い言葉です。快晴の空色のバックに、歩きながら登場したのは政井マヤさん。立ち止まり説明。現在のコトを説明するためまた歩き出しっ

 
 
おまたせしました。この画像をクリックで動画ページへ!☆化粧品は、詰め替えへ。篇追加:2016.6.16(CM動画×3)

※スムーズなページの読み込みを考えて、サイトを分けています。ご理解を
 
 

 
 

 
 

スポンサーリンク




 
 

 

 

 
 

このサイトのTOPページへ icon-external-link

-CM